ふなっしーグッズ売上から見えてきた中の人の年収は?

今やテレビで観ない日がないといった人気ぶりのゆるキャラ「ふなっしー」。

ふなっしー関連グッズの昨年度売上が8億6800万円であったことが報じられた。

御存知の通り、ふなっしーは、ある市民が勝手に船橋をPRするために始めたキャラクター。私も「ふなっしーの中の人」の年収を勝手に推計してみたいと思います。
ふなっしーグッズ売上8億6000万円

ふなっしーの中の人は家具屋の北見健二さん?

ふなっしーは、ほかのかぶり物キャラクターと違い、中の人が絶妙のボケをかましたり、キレのあるダンスや驚異の跳躍力で聴衆を驚かせるなど、中に入っている人なっしーでは成立しないキャラクターです。

個人が勝手に始めたPRキャラクターですが、丁寧に特許の出願をしています。そこに記された情報から、ふなっしーの中の人が家具屋の店主、北見健二氏ではないかというのがもっぱら定説となっています。

ふなっしーの特許出願

テレビで頻繁に目にするようになってから、私は勝手に“中には芸人さんが入っている”と思い込んでいました。プロレス界に現れたタイガーマスクに佐山聡が入っていたのと同じ発想です。しかし、リアルに一般人だったんですね、驚きました。

そういえば、youtubeを利用して活動し始めた当初の動画には、ふなっしーが家具倉庫のような場所にいるのが目立ちます。(笑)

グッズ売り上げのロイヤリティーは3%・2,600万円?

一般的なキャラクターグッズの場合、グッズの売上に占めるロイヤリティーは、2%~5%だと言われています。

仮に、3%だと仮定した場合、グッズ売り上げ8億6800万円の3%で2,604万円のロイヤリティー収入があることになります。

  • 8億6800万円×2%=1,736万円
  • 8億6800万円×3%=2,604万円
  • 8億6800万円×4%=3,472万円
  • 8億6800万円×5%=4,340万円
  • ちょっと、想像していたよりも少ないですね、っていうかロイヤリティー低すぎっ!あと、分母となる金額が大きいだけに、1%の違いで随分と金額に開きがあります。

    バカにならないのはテレビ出演料

    グッズ販売のロイヤリティー収入は、バカにはできないけど、想像よりも少ない印象ではないですか?

    それよりも馬鹿にできないのはテレビの出演料。特にふなっしーの場合は、プロモーションやマネージメントをしてくれる芸能事務所に所属していないため(詳しくは知りませんが)完全取っ払い!出演料イコール収入ではないかと考えます。

    ちなみに一流芸人の一時間あたりのギャラは下のような感じ。
    芸能人の一時間あたりのギャラ一覧
    出典:日刊ゲンダイ

    一時間番組で司会をこなすわけではないので、上に挙げた芸人に比べるとふなっしーの出演料は安くなるかもしれません。しかし、安く見積もったとしても一本50万円以上のギャラで、年間200本以上テレビに出演するというから、ざっと概算しただけでも1億円の出演料

    グッズ販売のロイヤリティーとテレビ出演料をあわせて、1億3,000万円弱といったところかと推計できます。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする