LINEのスタンプ販売の稼ぎが明らかに!ケッコウ儲かっているみたい!

以前、キャラクタークリエイターが小躍り!LINEスタンプの個人配信開始という記事で紹介しましたが、LINEのスタンプを配信して、個人が報酬を稼ぐことが可能になりました。

ケッコウ売れていて、かつ儲かっているみたいです。
LINEのスタンプ
上のスタンプは、カイジとガンダムのスタンプ。

24日間の売上金額は50万円以上!

LINEクリエイターズスタンプ5月の売り上げ報告と今思っていること。によると、サービスが開始された5月8日から5月31日までの24日間の販売で、分配金額の合計金額は25万円を超えています。

クリエイター側のコミッションは販売額の50%なので、売上自体は倍の50万円を超えていることが分かります。

LINEクリエイターズスタンプの売り上げは月末締めなので
5/8のサービス開始日から初めての締め日を先ほど迎えました。
あくまで速報としての売上レポートで振込手数料もひかれたりするので
まだ確定してない(確定予定日は10日)のですが
5/8〜5/31の分配金額の合計が
なんと…「 ¥252,623 」になりました………!!!感謝!!!

私は意外に売上が大きいことに驚きました。

利用者のニーズを理解すれば大きく稼げる?

私もいくつかLINEのスタンプを購入しています。

スタンプの利用者として思わず買いたくなってしまうキャラクタースタンプの特徴をいくつか記したいと思います。

トークの気持ちを表してくれるセリフ付き

  • OK
  • ゴメン
  • お大事にね!
  • 楽しみ!
  • ありがとう
  • いろいろなシチュエーションで使えるセリフが付いていると、スタンプ一つを送るだけで気持ちを伝えることができるので便利、使い勝手のいいスタンプなので購入したくなります。

    セリフ無しでもキャラクターのポーズで伝える

    トーク中でスタンプを送るシチュエーションは、言葉にするまでもない気持ちを伝える場合。他に、言葉では伝えられない微妙なニュアンスをキャラクターのポーズ・仕草で相手に伝えること。

    「ありがとう」という気持ちは、キャラクターがペコリと頭を下げているポーズで伝えることができます。

    また、モジモジしているキャラクターのスタンプは、どうしようか迷っている気持ちを表明することができます。

    個人でも稼げる市場が広がる

    スタンプを使わずに、言葉で「迷っている」と書く場合、迷っている理由も記さないと気持ちが良くない気がします。そういう意味でスタンプはとっても便利なツールです。

    私にはキャラクターを作る能力はありません。
    しかし、個人でもLINEという場を利用して、世間からお金稼ぐ方法ができたことが嬉しいです。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする