スマホが家電の子機になる、ますます消費カロリーが少なくなる?

家のなかに鳴り響く着信音に、ようやくスマホを取り上げたら、家の固定電話にかかっていた。

固定電話の場所までダッシュしたり、子機を探しまわってウロウロしたりする必要がなく、地味に便利。

日頃から、家電(家の固定電話)に電話をかけてくる人が少ないので、いざ着信があると少々パニックです。

スマホを4台まで子機に使える固定電話

もう、そのまんまですが、スマホを子機にすることが出来ると、いちいち立ち歩かなくて便利です。

そもそも、携帯に比べて着信頻度の少ない固定電話なので、聞きなれない着信音がなってもすぐに固定電話への正しい対応ができなくなっています。orz
スマホなら、家にいる時も基本的に身体の近くに置いておくことが多いので、着信後すぐに対応することができます。

この電話でできること

スマホを家の電話の子機に登録するとできることを挙げます。

  • 家の固定電話にかかっていた電話をスマホで受けることが出来る
  • 固定電話の回線を使ってスマホで電話をかけられる
  • 子機とスマホで内線電話(スマホ同士はNG)
  • 本機に録音された留守番電話をスマホで聴くことが出来る
  • スマホに登録された電話帳を転送できる
  • 固定電話をスマホで着信

    自宅に無線LAN環境がないと使えない

    便利なスマホ子機電話。しかし、自宅に無線LANの環境がないと利用することができないので注意が必要です。

    電話機自身に、無線LAN環境を構築する仕組みがないので、既設のLANに乗っかっていくことを前提にしています。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする