【ベスト3決定】QRコードを読み取るiPhoneアプリ。

ガラケーからiPhoneに機種変更をすると、人によっては不便に思う仕様がいくつかあります。これは、日本の携帯電話市場が「ガラパゴス化」していたことの証でもあるわけですが、便利に使えていたものはiPhoneにも引き続きたいですね。

ガラケーには標準搭載されていた「QRコード」いわゆる二次元バーコードを読み取るためのiPhoneアプリです。

ちなみにQRコードとはコレ!
二次元バーコード

【ベスト3】連続スキャン機能が便利なQRコードリーダー

もし、大量のQRコードをいっぺんに読み取らなくてはいけない場合に便利なのは、連続QRコードリーダー

ひとつのQRコードを読み取っても、いちいちウェブアクセス用のURLや、プロフィール画面などが開くことなく、連続してバーコードのみを撮影(読み取り)続けることができます。
連続QRコードリーダーの読み取り画面

一通り、読み取りが終われば画面下の「リスト」から読み取ったコードを確認して行くことができます。
連続QRコードリーダーの表示画面

【ベスト2】とにかくバーコードの読み取りが速度が速いアイコニット

バーコードの読み取りが速いのはアイコニット。QRコードをかざすと、ピントが合うか、合わないかのうちに認識します。

QRコードだけではなくて、一般の商品に付いているJANコード(ジャンコード)を読み取ることもできるので便利かもしれません。

認識が速すぎて、キャプチャーが撮影できませんでした。
二次元コードのアイコニット

バーコードを読み取るだけではなくて、他にも様々な機能が搭載されています。
二次元コードのアイコニット

【ベスト1】シンプルでJANコードも読めるオススメはQRコードリーダー

いくつか試していて、最も使いやすかったアプリは、QRコードリーダー for iPhone

シンプルで読み取りも速く、JANコードもOK、JANコードからAMAZONの商品ページへとジャンプすることもできるので、本やDVDのせどりをする人にも重宝されるかもしれません。

オススメのQRコードリーダー

オススメのQRコードリーダー

最後に!

ガラケーと違って、必要な機能をユーザーが取捨選択し、カスタマイズできるのがiPhoneのいいところかもしれません。

「使うか使わないかわからないけどとりあえず入れとけ!」という感じだった携帯電話と一線を画しています。

ただし、情報を自分からとりにいかないと、なかなか便利に使えるようにはなりませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする