がん予防の最前線「まも~る」早期発見すれば5年生存率が高い

がん予防というか、ガンの治療法は日進月歩の進化を続けていると聞きます。
なかでも、早期発見できれば、(がんの発生部位にもよりますが)治療後の5年生存率が飛躍的に高くなります。

がんの5年生存率
出典:がん予防「まも~る」の評判と口コミより

癌 = 不治の病

という図式からは、遠ざかりつつあるのかもしれません。

ただ、この早期発見というのが難しいです。人は体になんの異変も現れていないのに、病院に行って検査をしたりしないからです。まったく誇らしいことではありませんが、健康診断などは必要最低限の項目だけで済まし、できるだけ避けて通りたいです。(少なくとも私は・・・)

尿検査で分かる!がんリスク評価

自宅で採尿して → 検査機関で調べるだけ

こんなに手軽な、がん予防サービスが始まったみたいです。
なにより病院に行って、一日拘束されたり、検査ごとに痛い思いをしなくて済むというのが良いです。

自宅で採尿なら、毎年でも毎月でもできそうです。
そろそろ、いろんな病気が出てくる歳になったので、なにか始めなくてはいけません。

がん予防「まも~る」では、がんのリスク評価が5段階で判定されます。
ただし、この検査方法では、がんの発生部位までは分かりません。

「まも~る」で、がんリスク評価が高ければ、改めて医療機関で検査を受ける必要が生じます。

今までのように、何もしていないのは家族に対しても、責任を果たしていないようで、少し心苦しく思います。
妻と一緒に、「まも~る」に加入しても良いのかな?と検討してみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする