グニャリと幼稚園生にもできるスプーン曲げのタネとは

先日、テレビを観ていたら幼稚園児が次々にスプーンを曲げていました。
どんだけマッチョな幼稚園児だよ!って思って食い入るように画面を覗くも、いたって普通の幼稚園児。

ハンドパワーとか昭和の臭いがして懐かしいけど、スプーン曲げにはタネがあるみたいです。
幼稚園児にもできくらい再現性の高いスプーン曲げのからくりを紹介します。
スプーン曲げのタネあかし

これがスプーン曲げのタネだ!

スプーン曲げにはあまり筋力は必要ないらしい。
必要な物は、テコの原理を理解すること。いや、それさえ必要ないかもしれない。

  • 人差し指の上にスプーンをのせ、左右が釣り合うスプーンの重心位置を探す。
  • 見つけた重心から指一本分だけスプーンの柄方向にずらして人差し指と親指でつまむ。
  • 柄の先端部分(端っこ)を小指だけで押さえて
  • もう一方の手で、スプーンで掬う側の先端をグニャリと曲げる

結構、簡単ですね。ちなみに私もやろうとしたのですが、勿体無くてできませんでした。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする