バイキング実演販売で紹介「水と塩で発電するランタン」は無人島キャンプの必須アイテム

昼のテレビ番組「バイキング」水曜日の実演販売とメンディー先生を楽しみにしています。

今日面白かったのは、電池不要で発電するランタン。水と塩だけで発電して発光するほかに、携帯電話の充電も出来るらしい。
これは、夏のレジャーで重宝するとともに防災グッズとしても一家に一台常備したい。

塩と水で発電するランタン

海水でもOK!塩と水で発電するLEDランタン

塩と水で発電してLEDライトを点灯させるランタンは、海水をそのまま入れてもOKだといいます。
これ、ぜひとも無人島に持って行きたいLEDランタンです。

本体に、発電燃料として水を注ぎます。
発電する燃料として水を本体に注ぐ

次に、塩を本体に入れる。
ついで、本体に塩を投入

ボタンをスイッチオン!見事、発電してLEDランタンが発光しています。
見事発電して、LEDランプが発行しています

さらに、発電した電気は携帯電話の充電にも利用できるという。
携帯電話の充電もできる

これは、アウトドアでガチに役立ちます!

「無人島に持っていくとしたら何ですか?」と聞かれたら、今日の私は迷わず「海水でも発電できるランタン!」と答えます。

無人島でキャンプしたことないですけど・・・。

水と塩で発電するLEDランタンは3,700円

バイキングの実演販売コーナーでは本機は3,700円で紹介されています。

アマゾンでは3,480円、楽天では3,996円で売っています。

発電するLEDランタン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする