あおり運転・事故対策に最強ドライブレコーダー

高速道路の逆走・ブレーキの踏み間違いなど、高齢者の交通事故がとても多く報道されます。

また、迷惑な「あおり運転」の動画を見るたびに、恐ろしい世界で運転していると背筋が伸びます。

こちらに非がなくても、巻き込まれてしまうのが交通事故、とても理不尽です。

相手が悪くても、自分の車が動いていたら3割の過失

車と車の衝突事故の場合、とつぜん相手の車が突っ込んできても、自分の車が少しでも動いていたら「事故の過失割合」は、7対3(相手7:自分3)が普通です。

(自分の車が動いていない)まるっきり停まっている状態で、相手の車が突っ込んできた場合、ようやく10対0(相手10:自分0)になります。

過失割合7対3の場合、車の修理代金50万円ずつの100万円かかると仮定すると、30万円の修理代金がかかります。

自動車保険を使うか、自腹で支払うかの判断は、等級ダウンによる保険料金の値上がりを検討して、決めることになります。

自分は正しい運転をしていて、相手に突っ込まれただけなのに30万円を支払わなくてはならない。

たとえば、3~5年で新車を乗り継ぐ計画でいても、車をぶつけられた瞬間に、事故車のレッテルが貼られて、査定額が大幅ダウンしてしまいます。

ドライブレコーダーが動かぬ証拠

自分の車が、動いていたのか・停まっていたのかで、過失割合が3~0までかわります。(相手に問題がある前提)

とうぜん、しっかり停まっていたことが証明できれば、過失なしを勝ち取れます。
そんなときに役に立つのがドライブレコーダー。

ドライブレコーダーで動画を撮影しておけば、あなたに非がないことを証明することができます。
あおり運転ならば、同乗者にスマートフォンで撮影してもらっても証拠になります。しかし、突然の事故ではスマホを構える余裕もありませんね。

暗くてもナンバーくっきりドラレコ、いたずら防止も!

暗い夜道でも相手の車のナンバーがハッキリ映るドライブレコーダー。
車への取り付けも簡単です。

24時間監視 ドライブレコーダー VANTRUE T2 【マイクロ波 24時間駐車監視】スーパーコンデンサー OBD接続 1080P FULL HD HDR SONY製センサー F1.8 広角160度 ドラレコ 2.0型LCD MicroSD 256GB対応(別売) 東日本 西日本 LED信号対応 不審者対策 衝撃録画 高速起動 熱対策済み GPS機能(別売) 18ヶ月延長保証
【SONY レンズ】 最先端のSONY IMX323 センサーを採用しています。1920*1080PフルHD(30fps)のビデオ解像度で、細部まで漏れなく鮮明に画像を記録します。夜間でもハッキリ繊細に映って、前方のナンバープレートも確認できます。 【160度広視野角】 F1.8の160度広角視野光学6G多層ガラスレン...

さらに、うれしい機能は車へのいたずら防止
マイクロ波で近づく人影を検知して、録画を開始してくれる。

下の動画で詳しく紹介されています。

タイトルとURLをコピーしました