悩む子供のお小遣い。金額と渡し方で育てる子どもの金銭感覚。

うちの子供の話。さいきん子供同士でちょっとしたお金のトラブルがありました。

小学校二年生の我が子と、近所のお友達3人でコンビニエンスストアへ。
お友達のうちの一人が、「お菓子を買って食べなさい」とお小遣いを持たされていました。

(うちの子も含めて)他の子どもは誰一人お小遣いをもらっていなかったので、その子の買ったお菓子を食べることになった。
また、悪いことに、お小遣いを持ってきた子供の好きなお菓子ではなくて、まわりの子供達の意見で買うお菓子を決めてしまったという。

自分の好きなお菓子を買うことができなかったその子どもは、不満を学校の先生と両親に話して問題になりました。

まあ、どうってことない子供の経験と言ってしまえばそれまでです。
でも、お金のトラブルというと、ちょっと身構えてしまうのが普通の大人の感覚でしょう。

NHKのEテレ(教育テレビ)のテレビ番組「エデュカチオ!」で、「お小遣いの渡し方で育てるわが子の金銭感覚」を放送。

番組を参考にしながら、わが家のお小遣いの渡し方とお金に対する教育方針を考えます。
“悩む子供のお小遣い。金額と渡し方で育てる子どもの金銭感覚。” の続きを読む

イングレス簡単に獲れるメダルと頑張っても苦労が報われないメダル

さて、
最速イングレスのレベルアップにやるべきこと(AG10になりました)で報告した通り、イングレスのエージェントレベルが10にアップしました。

AP稼ぎはもちろん大事ですが、合わせて考えなくてはいけないのがメダルの獲得。
エージェントレベル9以上(8から先)は、レベルアップに必要なAPを稼いだだけではダメで、獲得したメダルの色と枚数が必要になってきます。

このメダル、頑張れば必ず穫れるメダルと苦労する割にはなかなか穫れないメダルが存在します。
ちょっと、各メダルの難易度というか狙うべきポイントを整理したいと思います。
“イングレス簡単に獲れるメダルと頑張っても苦労が報われないメダル” の続きを読む

プレゼンや人前で話すときに、あがらない3つのコツ

「私は、ずっと引っ込み思案で、人前で話すのが苦手でした」と話す芸能人をよくみます。こんなにテレビ慣れした人が本当だろうか?と思ってしまいます。

会社のプレゼンで、または地域の集まりなど、人前で話をすることの多い人に、あがらないコツを尋ねると、

  • 失敗の数だけ、人前であがらなくなる
  • プレゼンは場数を踏んだ分だけ上達する
  • こんな、雑な返答をされて閉口することがある。しかし、その一方で、その人が乗り越えてきた人前であがらないためのノウハウを丁寧に説明してくださる、ありがたい先輩もいる。
    人前で話す
    “プレゼンや人前で話すときに、あがらない3つのコツ” の続きを読む

    「結果にコミットする」は細マッチョになるライザップのCM

    最近、ビジュアル的にものすごーく気になるテレビCMがあります。

    「結果にコミットする」とあるダイエットプログラムのテレビコマーシャルです。

    そこに登場する人達のビフォー・アフターと言いましょうか、ダイエット前とダイエット後の姿が変わり過ぎていて、「オイオイ」と突っ込みたくなります。



    “「結果にコミットする」は細マッチョになるライザップのCM” の続きを読む

    レンタルビデオがつぶれていく理由!Huluは映画を包括的に楽しむツール。

    コンビニエンスストアのアルバイトが終わる深夜。人通りの少なくなった夜の街にバイクを走らせ、向かう先は大抵レンタルビデオショップだった。

    学生時代の僕は、映画の日には学校に行かず、映画館をはしごする中途半端な映画好きであった。そんな僕が通いつめたレンタルビデオショップには、名作と名高い旧作がズラッと並べられていて。好奇心と時間と行き場のないエネルギーだけはいっぱい持っていた、まだ若い自分にとっては最高の場所であった。

    それから随分と時間が経って、観る映画やコンテンツも変化してきた。そして気がつけば、若い僕が好きだった、街のレンタルビデオショップがどんどん潰れている。
    レンタルビデオショップのドラマ
    “レンタルビデオがつぶれていく理由!Huluは映画を包括的に楽しむツール。” の続きを読む

    エデュカチオ!で紹介!作文が上手に書ける「カメラマンの目」

    NHKのEテレで放送されている教育番組「エデュカチオ!」

    生き生き書けて、しかもモテる作文術の放送回は、文章を書くうえで大事な具体的なポイントを紹介している。そのひとつは、見たもの・体験したものをカメラマンの目になって文章で伝えること。これを注意しながら文章を書けば、苦しかった作文がスラスラと臨場感をもった、読ませる文章に変わります。

    東山氏が、本放送中に何度となく熱弁していましたが、文章の上手な人はモテるらしいです。
    異性にモテると東山氏が主張
    “エデュカチオ!で紹介!作文が上手に書ける「カメラマンの目」” の続きを読む

    祖父の納骨を終え思う。葬儀は残された家族のために行うもの。

    今年の夏に祖父が亡くなったことは、葬祭・葬儀の費用について・・、祖父が亡くなりましたで書きました。

    ようやく寝苦しさから解放され始めた夏の終わりに四十九日法要(納骨)を行ないました。
    人生の黄昏時
    “祖父の納骨を終え思う。葬儀は残された家族のために行うもの。” の続きを読む

    ありのままの姿で本当に大丈夫?VIO脱毛で見せない場所ほどキレイに!

    「ありの〜 ままの〜 姿みせるのよ〜」
    間違いなく、今年のトレンドワードです。しかし、ありのままの姿が必ずしも美しいわけではありませんね。

    VIO(ブイアイオー)脱毛、初めて耳にしました。

    ソニーから、また新しいノートパソコンが出たのかと思いましたが違いました・・・。
    vio脱毛は身だしなみ

    “ありのままの姿で本当に大丈夫?VIO脱毛で見せない場所ほどキレイに!” の続きを読む

    自由がある代わりに責任もついて回る。立入禁止の島でBBQをして救助を要請。

    東京湾、富津沖に浮かぶ「富津第一海堡」に若者が無断で上陸。バーベキューや海水浴を楽しんだ後で帰ることができなくなり漁協の船に救助された。

    ちょっとニュースとして大きく報じられてしまったが、こうした若者の悪ふざけや度の過ぎてしまった遊びは、若さの証明でもあると言えるし。殺人や強盗などの他者の命や財産を奪う行為に比べれば笑って許すこともできます。

    しかし、自由と責任は表裏一体であることを少しずつ学んでいってくれれば嬉しいな、とおじさんは思います。
    “自由がある代わりに責任もついて回る。立入禁止の島でBBQをして救助を要請。” の続きを読む

    税金逃れのインバージョンは悪なのか?オバマ大統領は「脱走兵」と非難。

    力のあるアメリカ企業は、法人税率の低い国外に本社の移転をしたり、海外の企業を買収したりと節税対策が盛んだといいます。

    インターネットの発展で、モノ・金・企業・人などあらゆるものが国境をたやすく超えています。世界中のあらゆる場所から自社商品の注文が来るようになったら納税義務地は、水が低きに流れるように、税金の安い地域に移動するのは当然だと思えます。
    米企業節税のため海外へ
    2014年8月28日の「朝日新聞」に掲載されていた記事。
    “税金逃れのインバージョンは悪なのか?オバマ大統領は「脱走兵」と非難。” の続きを読む