生と死を分けるもの。理研の笹井氏自殺事件について。

昨日の俳優ロビン・ウィリアムス死去のニュースもありましたが、STAP細胞の不正論文問題で苦しい立場にあった理研の笹井氏の自殺も思い返しました。

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市中央区)の笹井芳樹副センター長(52)の自殺を受け、理研の加賀屋悟広報室長は5日午後1時50分ごろから、文部科学省で記者会見。笹井氏について「疲労困憊(こんぱい)。心身ともに疲れていた」などと語った。
MSN産経ニュース

“生と死を分けるもの。理研の笹井氏自殺事件について。” の続きを読む

ロビン・ウィリアムズ氏が死去。うつ病は人を死に追いやる恐ろしい病気

アメリカの俳優で、アカデミー賞も受賞し日本でもよく知られていたロビン・ウィリアム氏が自殺したという報道がありました。

彼はうつ病であったという。肉体的に健康である人をも死に至らしめる病「うつ病」が恐ろしいです。

俳優ロビン・ウィリアムズさん自殺か

米国のアカデミー賞俳優ロビン・ウィリアムズさん(63)が11日、カリフォルニア州北部の自宅で死亡しているのが見つかった。地元警察によると、自殺とみられる。米メディアなどによれば、アルコール中毒に悩んだ時期もあり、最近は重度のうつ病だったという。

朝日新聞デジタルより

ロビン・ウィリアムス
“ロビン・ウィリアムズ氏が死去。うつ病は人を死に追いやる恐ろしい病気” の続きを読む

出産祝いにかわいい家具を!ミッフィーの色使いのミニデスク。

子供がいなくても欲しくなってしまいそうな、かわいい色合いのミニデスク。

オレンジとグリーンはミッフィーの絵本でよく使われる色使い。出産祝いにはこんなカワイイ家具をプレゼントしたい(されたい)。
“出産祝いにかわいい家具を!ミッフィーの色使いのミニデスク。” の続きを読む

消費者がバカにされたのか?それとも我々消費者がバカなのか?

今さら・・という感じですが、中国の鶏肉偽装問題に関して思うところがありました。

中国の食品加工業者が賞味期限を過ぎた鶏肉を加工したものを、マクドナルドでマックチキンナゲット、ファミリーマートでファミチキとして売られていたという。マックもファミマも、人気商品だったようで私もその商品名を知っていたくらいなので、一般的に消費者には随分と浸透していたのだろう。

中国製品への嫌疑の眼が厳しくなったり、「中国からバカにされている」と感じている人が多いと聞いています。しかし、私自身ちょっと立ち止まって考え直したいと思います。
“消費者がバカにされたのか?それとも我々消費者がバカなのか?” の続きを読む

洗練されたデザインか?無骨な機能美か?おしゃれ感漂うデザイン扇風機

暑い夏、真っ盛りと言いたいところですが、台風の影響が出ていて今日は過ごしやすいです。

台風は海上の暖かく湿った空気を運んでくるから、台風が過ぎ去った後の暑さが心配です。

洗練されたデザインの扇風機か、無駄を排除した機能美を追求した扇風機、あなたの部屋に置くなら、どちらが似合いそうですか?
“洗練されたデザインか?無骨な機能美か?おしゃれ感漂うデザイン扇風機” の続きを読む

才能がない普通の人が最短で結果を出す3つの方法

誰でも自分だけは個性的な人間であると思いたい。

Smapも「ナンバーワンにならなくていい・・、」と歌っていた。「オンリーワンの自分」を生かせる場を見つけることができれば大成功できるのではないか、という幻想を抱きすぎてはいないだろうか。

オンリーワンの個性的な自分が成功するというのであれば、地球上の人間の数だけ成功がなければならない。そんなに莫大な供給を消費する需要が一体どこにあるのだろう。

成功に個性は必要ない。まずは普通であることが最も成功しやすいことをしっかり理解する必要がある。
“才能がない普通の人が最短で結果を出す3つの方法” の続きを読む

お忍び芸能人の御用達はヒルトンホテルに決まり?フロントでのチェックイン不要、スマホがルームキー代わりに!

ホテルのチェックインのためにフロント前に並んでいる行列。混雑を横目にホテルのフロントを素通りすることが出来るサービスがリリースされそうです。

アメリカのホテル大手ヒルトンがスマートフォン(スマホ)をホテルのルームキー代わりに使えるサービスを発表した。2016年末までに世界の主要なヒルトンでの利用を目指すという。

お忍び・密会で使うことの多い芸能人にとっては大変有難いサービスと言えそうだ。
“お忍び芸能人の御用達はヒルトンホテルに決まり?フロントでのチェックイン不要、スマホがルームキー代わりに!” の続きを読む

人を消費行動に向かわせる3つのスイッチ。私はなぜモノを買ってしまうのか?

衝動買いをしてしまって後悔したモノ、買ったのに読まないでいる(いわゆる積ん読)本も沢山あります。

消費行動を起こした時のシチュエーションや心理状態を思い返すことで、自分がなぜモノを買ってしまうかを知ることができます。

  • 「痛み」から解放されるためにモノを買う
  • 「快楽」を得るためにモノを買う
  • 「時間」を短縮するためにモノを買う
  • 人を消費行動に向かわせる購買心理はこの3つです。
    “人を消費行動に向かわせる3つのスイッチ。私はなぜモノを買ってしまうのか?” の続きを読む

    永遠の時を感じる!パイプラインはやっぱりグリーンルームだった。

    私はサーフィンはやりません。

    でも、何故かサーフィンをする友だちが多いから不思議です。競技人口から推定すると私の(数少ない)友人にサーフィンをやる人などいないのが普通ですが、思い通りの結果が得られないから人生は楽しいのかもしれません。
    グリーンルーム
    “永遠の時を感じる!パイプラインはやっぱりグリーンルームだった。” の続きを読む